ラッキー!! キンキンとチビラのおしゃべり

フィリピン大好き♥♥♥ 旅の日記♠♠♠ バイクツーリング日記♦♦♦ 日々の出来事♥♥♥

2019年06月

旅館を後にして、今日はムーミンバレーパークに、行きます。(^o^)

駐車場と入場券は、予約してあります。

入り口に、傘が吊ってあります。
素敵~。

梅雨ですからね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ムーミンバレーパークに、向かいます。

いや~。
入り口から、ムーミンバレーパークまでが、遠いな~。
どこまで、歩くのやら。トホホ!

やっと、入口です。
イメージ 4

イメージ 5


まずは、なんとしても行きたかった、ムーミン屋敷に行きます。

15時以前は、アトラクションの予約ができないので、入ってからです。
イメージ 6

イメージ 7

あまり人がいません。
やった~。
でも、がく然とします!


販売機では、、14:30からの販売しかありません。
スタッフさんが、入場すればネットからアトラクションの予約ができることを教えて貰います。

あわてて、昭和じじぃが、スマホと格闘です。(;_;)
イメージ 8

ワタワタ。
ネットで13:30の予約ができました。
まだ、11時前です。

続けて、飛行おにのジップラインを予約します。
12時が予約できました。

初めてなので、パークの距離がつかめなくて、ムーミン屋敷まで来てしまいました。
入場した時点で、アトラクションのネット予約ができます。
ムーミン屋敷まで、10分位です。
距離が、わかってれば.....。

ねぇムーミン!おしえてよ~。

皆さんは、入場したら、すぐにアトラクションの予約をしましょう。(^o^)

まだ時間あるので、パーク内をブラブラします。
なんか、昭和じじぃ、ネット予約で疲れはててます。
イメージ 9


ムーミンがいます!
イメージ 10


ムーミンパパもいます!
イメージ 11

ムーミンママは、人混みが凄くて撮れなかった~。(;_;)

昭和じじぃが、スナフキンのところに行こうと言います。
えっ、パークの一番奥です。
ジップライン間に合うかなぁ。
それに、放浪者スナフキンは、いるとは限らないそうです。

あっ、いました~。
ラッキー。

イメージ 12

イメージ 13


ジップラインに行きます。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

私は、怖いので、昭和じじぃだけジップラインをします。
スタート地点です。
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

昭和じじぃは、バンジーも平気な変なじじぃなので、気持ちいいと喜んでます。
私しゃ無理じゃあ。

お目当てのムーミン屋敷に行きます。
イメージ 21

イメージ 22

この井戸にムーミンが隠れてます。
イメージ 23


それでは、ガイドさんに案内されて、屋敷に入ります。
イメージ 24

ムーミンのダイニングです。
イメージ 25

ムーミンの部屋ですね。
イメージ 39


リトルミィの部屋です。
小窓からみえます。
イメージ 26

上にも部屋があります。
イメージ 27


ムーミンパパたちの、写真があります。
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30


ムーミンのご先祖様です。
イメージ 31

現れました。
イメージ 32


ガイドさんが、ムーミンはなんでしょうかと、聞いた時、昭和じじぃたら、知ってるのに、でっかい声で、カバ~と叫びます。
もう、子どもと一緒です。

ムーミン屋敷、楽しかった~。

では、記念の写真です。
イメージ 33


外に出て、恒例のソフトクリームを食べます。
イメージ 34


出口に行きます。
入るとき、混んでいたところに、人がいません。
チャ~ンス!
それでは、ポーズ!
イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38


楽しかった~。
パークに来ている世代も面白かったです。
ヤングがあまりいないですね。
私達の世代か子ども連れが、多いです。

そうですよね~。

ねぇムーミン、こっち向いて、恥ずかしがらないで~。

こんなアニメのフレーズ、知らないでしょうね。

懐かしくもあり、楽しかった。

まだまだ、パークは開発中ですね。
できれば、ここから、何のアトラクションまでの距離があれば、良かったな~。

でも、次行くときは、もう大丈夫です。

一泊での飯能旅行は、楽しかったです。

また、どこか行きましょう。


そろそろ、ブログの移行ですね。
ブログ名、
ラッキー!!キンキンとチビラのおしゃべり
は変更しませんので、よろしくお願いします。(^o^)

今夜泊まる名栗温泉、大松閣に着きます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

創業大正3年です。
歴史がありますね。
今、令和ですね。
イメージ 4


外観です。
イメージ 5

イメージ 6

右側が昔の旧館です。新館は、コンクリート造りです。

入り口も、和風です。
イメージ 7


それでは、ポーズ!
イメージ 8


ロビーも綺麗です。
イメージ 9


部屋に行きます。
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

素敵な部屋です。
和風で素敵~。
こちらの、お部屋は最高むですね。


部屋に、名栗の美味しい水の蛇口がありますね。
面白い~。
イメージ 22


これは、スリッパにつけるものです。
他の人と間違えないように、脱いだ時に着けます。
イメージ 23


部屋からの景色も素敵~。

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


こちらの角部屋は、ネットでの予約してません。電話で予約してください。

温泉で、ひと休みします。
大浴場、岩風呂、木風呂、そして檜風呂があります。
イメージ 27

イメージ 28

昭和じじぃは、大浴場でのんびりしてます。

旅館のまわりをブラブラします。

イメージ 45

イメージ 29

イメージ 30

自然がむいっぱいです。

昭和じじぃ、山の上まで上がって行きます。
ヘロヘロで、戻って来ました。
どうしたの~。
上は、獣道でクモの巣だらけで行き止まりだったようです。
アハハ。
子どもと同じで、どこでも入って行きます。

夜ご飯は、離れの茶屋です。
イメージ 31

イメージ 32


炭火で囲炉裏風です。
イメージ 44


この焼く鉄板が画期的です。
一本のレールの中に、焼いた油が流れます。
炭の中に落ちないのです。
凄いな~。

料理です。
イメージ 33


山なので刺し身に見立てた、こんにゃくです。
イメージ 34


岩魚です。
イメージ 35


サラダです。
イメージ 36


しみ大根です。
イメージ 37


和牛サーロインです。
イメージ 38

イメージ 39


サーロインが、焼けるのを待っている昭和じじぃです。
なに見てるの?
イメージ 40


お蕎麦です。
イメージ 41


デザートです。
イメージ 42


美味しいかった~。

満足、満足!

部屋に戻ります。
イメージ 43


純和風を味わえました。
素敵な旅館です。
幸せいっぱいです。
それでは、お休みなさい。

明日は、どこへ行くのかなぁ。
楽しみ、楽しみ。

青梅市の散策後、飯能に向かいます。

鳥居観音に行きます。
白い大きな救世大観音があります。
北野武さんの映画で使われたことでも、知られています。(^o^)

入り口は、鳥居観音の駐車場を過ぎた所に、車で上がれる道があります。
通るには、入口の箱に500円を入れます。
結構急勾配で細く、横は谷底です。


大観音は、真っ白で大きく圧巻ですね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


それでは、ポーズ!
イメージ 5

イメージ 6


高台からの景色も綺麗です。(^o^)
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


なんか、色合いが変わった建物が見えます。
イメージ 10

近くに行きます。
なんか素敵~。
イメージ 11

イメージ 12


次に、名栗湖の有間ダムに行きます。
綺麗です。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

ただ、お土産屋さんなどはなくて、見るだけかなぁ。
奥には、釣り場があります。

今夜泊まる宿に向かいます。

作成中に容量オーバーになりました。
すみませんNo2に、続きます。

1泊で旅行に行きます。(^o^)

ツーリングで、青梅市を通るのですが、いつも、寄れずじまいの青梅市に、行きます。(^o^)

イメージ 1

イメージ 2

昭和じじぃのテンションが、高いです。

赤塚不二夫会館に、行きます。
イメージ 3

イメージ 4

入館料があります。
3館めぐりにします。

モーレツア太郎が、出迎えてくれます。
イメージ 5

イメージ 6


おそ松くんの真ん中に、鏡があって、そこで写真を撮ると、おそ松くんに囲まれているようになります。(^o^)
イメージ 7


レレレのおじさんです。
昭和じじぃが、小学生の時に校庭掃除の時間良く真似したな~とつぶやいてます。
イメージ 8


バカボンのパパと私!
イメージ 9


ニャロメです。
イメージ 10


ウナギイヌです。
イメージ 11


シェーのイヤミです。
良く真似したな~。
あっ、また昭和じじぃが、つぶやいてます。
イメージ 12

イメージ 13


バカボンのパパに、なんか言われてます。
イメージ 14

昭和じじぃ、言われてるよ~。
ギャハハ。

イメージ 15



私、ニャロメに、プロポーズされてます。
イメージ 16

オッケーしようかなぁ。
イメージ 17


おっ、昭和じじぃも、プロポーズされてます。
イメージ 18

すぐに、手をさしのべて、オッケーしてますね。
イメージ 19


バカボンのパパの部屋です。
昭和感が素敵です。
イメージ 20

イメージ 21


昭和じじぃが、べしが、見つからなくて、寂しそうです。
机とかノートに良く書いていたそうです。

完全にオタクになってる、昭和じじぃです。
楽しそう~。(^o^)

次に、昭和レトロ博物館に行きます。
イメージ 22

イメージ 23


駄菓子屋さんです。
イメージ 24


それでは、ポーズ!
イメージ 25

イメージ 26

懐かしい、駄菓子がたくさん展示されてます。

文房具屋さんかなぁ。
イメージ 27


昭和じじぃが、食いついてます。
そこから、動かないよ~。
どうした~。


昆虫採集セットです。
注射器や虫さんを死なせて、腐らないクスリが入ってるそうですね。
イメージ 28


あ~。
私には、わからない世界へ、昭和じじぃが、行ってしまいます。


今度は、牛乳のキャップにくぎづけてす。
イメージ 29

キャップを手を叩いて、相手のをひっくり返す遊びに夢中になったそうです。
あとは、珍しいキャップを持っていると、自慢できたそうです。
んにゃ~。
ますます、わからない世界ですね。
(^o^)

昭和の部屋ですね。
イメージ 30


こちらの博物館では、昔の新聞が印刷できます。
昭和じじぃ、さっそく生まれた日の新聞を印刷してます。
イメージ 31


次に、昭和幻燈館に行きます。
イメージ 32

イメージ 33


外に出て町並みを見ます。
町並みも昭和レトロです。
イメージ 34


私は、電話をしますね。
イメージ 35

レトロな、いつの時代のだれに電話してるのでしょうか。
懐かしい、あの人の声が聞こえます。


昭和レトロ満載の、青梅市は楽しかったです。

さて、次はどこへ行きますか。

↑このページのトップヘ